化粧品OEM製造の美粧ケミカル TOP >> 化粧品製造体制 >> 生産管理・製造ライン

Manufacturing System

生産管理・製造ライン

安定した品質を生み出す、万全の生産管理・製造ラインをご紹介します

万全の品質を生み出すためには、万全の管理が必要です。
弊社では、受注をいただいた後の生産管理から、お客様の手元に届く出荷までの管理を徹底しております。

生産管理

商品の受注

お客様の注文書より商品名、個数と希望納品日を確認し、弊社独自の生産管理システムに受注登録を行います。
またISO9001品質マネジメントシステムにより商品の製造準備に入ります。

生産日程管理

受注登録をされた内容により、生産日程の調整を行います。

製造指図と所要量計算

製造指図と所要量計算

調整された日程に合わせ、各原料、資材の所要量の計算を行います。
製造指図書(工程管理記録、製造作業記録)等のアウトプットまで一貫した管理で行われます。

原料、資材の発注

原料、資材の発注

商品に必要な原料・資材が製造・包装予定日までに入荷されるように発注し、納期および在庫の管理を行います。

受け入れ検査

入荷した原料及び資材が間違いのないものかどうか入荷時に確認を行います。

製造ライン

原料の計算

ここから製造工場で、バルク(商品の中身)製造作業に入ります。作業記録に指示された内容で原料を正確に配合するため一つ一つ丁寧に計量していきます。精密な測定器を用い、計量されたデータをプリントアウトし、使用した各原料のロット管理も行うことで、品質は常に保たれ、トレーサビリティーも完全です。

バルク(中身)の製造〜混合・攪拌・乳化(乳化物の場合)〜

バルク(中身)の製造〜混合・攪拌・乳化(乳化物の場合)〜

製品標準書を基につくられた作業手順書に従い、乳化製品などは真空乳化釜で乳化、攪拌し製造されます。
長年の作業者のノウハウと作業手順をしっかり守ることにより、品質のバラツキを防いだ、安定した商品が出来上がります。

品質検査

品質検査

品質管理部によって、実際に出来上がったバルクが品質基準に適合するものであるか、各種の物性検査及び必要に応じて微生物テストが行われます。
品質検査をクリアしたバルクのみ、充填作業を行います。

充填

充填室で各容器にバルク(中身)を定量充填をし、キャップまでの作業を行います。
充填室は常に清潔な環境に隔離し、商品の微生物汚染を防いでいます。また、キャップ作業は自動キャッピングマシンを使用し、一定のトルク管理も行われます。

包装

充填された商品にロットを刻印(箱にも刻印)し、決められた仕様にセット、包装仕上げを行います。
このとき、各工程ごとにロットを確認したり各種包材の品質を各作業者が厳重なチェックを行なっています。

品質検査

充填から包装の流れが確かなものであるか、充填量は適量か、包装の品質は確かなものであるかなど、品質管理部門が厳格にチェックします。

出荷・納品

品質検査の結果、合格したものを出荷判定者が出荷の判定を行い、お客様のご要望される方法で出荷、納品します。

安定品質の供給は私たちの使命です

生産管理・製造体制の仕組みについてご紹介しました。
品質管理に関しても、ISO9001取得などしっかりとした社内体制を整えていますので、次をご覧下さい。

品質管理の取り組みについてはこちら
私たちのポリシーについてはこちら
お問い合わせフォームへはこちらから