化粧品OEM製造の美粧ケミカル TOP >> 研究開発 >> オリジナル原料の開発
オリジナル原料の開発

他社に差をつける化粧品開発には、オリジナルの成分が欠かせません

化粧品の付加価値や新しさを左右するのは、やはり配合する成分です。
弊社は、植物原料メーカー様との長年の取引により、新しい原料をいち早く入手できることはもちろん、オリジナル原料の開発も手掛けております。
成分に関する豊富な知識とアイデアで、貴社の化粧品開発・製造のお手伝いをいたします。

オリジナル原料の開発が可能です

オリジナル原料の開発が可能です

「産地限定の野菜のエキスを抽出して、オリジナルの原料を開発してほしい」などといった、貴社オリジナル原料の開発も可能です。
具体的な抽出物を指定されない場合でも、既存の原料を組み合わせることで、商標登録可能な貴社独自のオリジナル原料の開発も可能です。

※オリジナル原料開発については、最小ロット、安定性試験の実施など、条件もございますので、まずはご相談下さい。

オリジナル原料の開発ができる理由

弊社がオリジナル原料の開発を手掛けられるのは、老舗植物原料メーカー様との長年のお付き合いがあるためです。
長年のお付き合いの結果、原料メーカー様がオリジナルで開発されたものを用いた成分などを、お客様の化粧品開発に生かすこともできるようになりました。
また、原料メーカー様から、最新の原料情報なども提供していただけるので、弊社からお客様に、目新しい原料のご提案を差し上げることも可能です。

原料開発事例

原料メーカー様とタイアップして開発した原料事例

精製水の代わりに配合できるオリジナルのエキス

一般的に、化粧水は精製水を用いて製造し、その成分の大半が「水」でできています。
しかしそれだけでは他の商品との差別化が難しいため、弊社では原料メーカー様とタイアップし、モモのエキスを発酵させて得られる保湿性のあるエキスを開発しました。
さらに全成分表記の最初に記載されるようにするために、50%以上配合されるような処方開発に成功しました。


このような開発事例は数こそ多くはないものの、原料メーカー様と長年のおつきあいがある、弊社ならではの成分に対するこだわりの結果といえます。

取扱成分一覧

許可・認証に時間がかかる医薬部外品の有効成分や、ルートが限られているために他社では入手が困難な特殊原料・成分なども取り扱っております。その一部をご紹介します。

医薬部外品の有効成分

効果 成分名
抗炎症 グリチルリチン酸2K
グリチルレチン酸
アラントイン
美白 アスコルビン酸グルコシド
プラセンタエキス
育毛 クジン
センブリ
セファランチン
腋臭防止 トリクロサン
ミョウバン
イソプロピルメチルフェノール

オリジナルの特殊原料

原料・成分名 備考など
クマザサ水 熊笹の中にたまった水のみを使用
ヘチマ水 提携農家で取れるヘチマの中にたまった水のみを使用した原料
アロエ液汁 提携農家で取れるアロエのしぼり汁
モモ発酵液 モモの圧搾汁を独自の方法で発酵させた保湿性のある液
※他の植物でも発酵液は製造可能

こちらで紹介したのは、弊社で取り扱っている成分のごく一部です。
「こういった成分がないだろうか?」「この成分を使用して開発をしてほしい」といったお問い合わせも受け付けております。

様々な成分に対応した化粧品OEM製造を行います

創業80年の歴史で培ったノウハウだけでなく、原料メーカー様とのコネクションを活用することで化粧品OEM製造を行います。これまでにメーカー様の外部委託化粧品工場として様々な化粧品や医薬部外品を製造してきました。

スキンケア製品の製造事例
ボディケア製品の製造事例
ヘアケア製品の製造事例
お問い合わせフォームへはこちらから