化粧品OEM製造の美粧ケミカル TOP >> 研究開発 >> 開発規定
開発規定

お客様のご要望と、安心の品質を実現する独自の社内体制を設けています

お客様のご要望をきちんと製造ラインまで反映させること。安定した品質・納期で製造すること。
どちらが欠けても、満足のいく化粧品は製造できません。
そんな当たり前のことを実現するために、弊社では徹底した「開発規定」を独自に設けております。

美粧ケミカルの『開発規定』について

お客様のご要望をきちんと製品に反映させるために、以下のような体制を整えています。

美粧ケミカルの『開発規定』について

お客様と営業担当

お客様と営業担当

お客様とイメージをしっかり共有するために、商品コンセプト・企画についてヒアリングを行います。
バルク(中身)はもちろん、パッケージデザイン、表示内容、コストなどについても打ち合わせます。


その打ち合わせに基づき製作した試作品を、お客様に確認していただきます。要件を満たしているか、という点はもちろん、色・におい・使用感・テクスチャーなど細部まで実際に手にとって確認をしていただきます。
当然のことですが、この工程をおろそかにせず、ご納得いただくまでご確認いただきます。少しでもイメージと異なる点があれば、再試作を行います。

営業担当→開発担当

お客様とのヒアリング内容を漏れなく共有し、要件を実現するための「開発指示書」を作成します。
使用感の調整・色調、香り立ちなど、書類だけでは表現しきれない微妙なニュアンスも、営業と研究員が直接打ち合わせることで、イメージのズレを防ぎます。


試作品も、お客様にわかりやすくお伝えするために「サンプルプロフィール」を作成します。
試作品をお客様に確認していただいた後も、必ずレビュー(フィードバック)を行い、要望・改良点を反映させて再度試作品を製作します。


万が一試作品に満足いただけなかった場合も、きちんと履歴を残し、次のご依頼に備えて改良点を分析していきます。

開発担当→製造担当

製造風景

製品特性を理解し、試作品と同じものを製造するために、開発担当が作成した「製品標準書」をもとに、打ち合わせ・製造を行い、工程管理記録に記入します。
この書類をもとに、製造に移っていきますので、お客様のご要望をきちんと反映させた製品が完成します。


製造担当→生産担当

生産担当は製品の仕様について間違いのないよう、営業担当が作成した「製品プロフィール」をもとに生産を行い、「工程管理記録」に記録を残します。

生産担当→検査担当

生産担当→検査担当

品質管理課は、工程管理記録などによって作業プロセスの確認を行い、「製品検査表」「微生物検査報告書」に規定された適切な機器を利用して検査・試験を行います。
また、生産のプロセス内で充填・包装工程検査表に規定された製品検査を行い、結果を報告します。

密な社内連携が研究開発の精度をさらに高めます

営業→開発→製造→生産→検査、といった密な連携があるからこそ、お客様のご要望を反映した、研究開発が可能です。弊社の化粧品OEMの事例は以下をご覧ください。

スキンケア製品の製造事例
ボディケア製品の製造事例
ヘアケア製品の製造事例
お問い合わせフォームへはこちらから